予告生と死の間で~ホロコーストとユダヤ人救済の物語~

Between Life and Death ~Stories of Rescue During the Holocaust~

Between Life and Death ~Stories of Rescue During the Holocaust~

会期 2021年11月3日(水)~2022年1月31日(月)
開催時間 9:00~17:00(金土日祝日は 9:00~19:00)
※最終入館は閉館30分前まで
会場 人道の港敦賀ムゼウム 企画展示室
参加費 人道の港 敦賀ムゼウム 入場料がかかります。ムゼウムの入場料は以下のとおりです。
一般 大人500円 小学生以下 300円
団体 大人400円 小学生以下 240円
4歳未満、障がい者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名までは無料
20名以上から団体
共催 European Network Remembrance and Solidarity (記憶と連帯の欧州ネットワーク)
協力 公益財団法人大阪国際平和センター(ピースおおさか)
後援 駐日ポーランド共和国大使館
ポーランド広報文化センター
企画展連動イベント 期間中、ムゼウムオリジナルグッズがもらえるクイズラリーを実施します。是非ご参加ください。

内容

 第二次世界大戦中、ナチス・ドイツによる迫害で多くのユダヤ人が犠牲になりました。この迫害の中で、危険を冒しながらもユダヤ人に手を差し伸べた人々がいました。そのおかげで生き残ることができたユダヤ人もいます。本展示では12か国のヨーロッパの国々におけるユダヤ人救済の物語を紹介します。

 これらの物語は、救済者と生存者がいかにして生き延びたのかを、彼らが直面した歴史的背景を踏まえ、その勇気や強く生きる意志を伝えています。展示の中には、杉原千畝氏によって救われた人の証言も含まれています。ホロコーストにおける救済者と生存者、両者の体験を通して、彼らが「生と死」の狭間にいた状況を感じ取ることで、戦争の悲惨さと平和の尊さを考える機会とします。