敦賀港だからこそ
伝えられる「命」と「平和」

敦賀港は、1920年代にポーランド孤児、
1940年代に「命のビザ」を携えたユダヤ難民が上陸した日本で唯一の港。
当時の建物を復元した資料館「人道の港 敦賀ムゼウム」では、
孤児と難民が上陸した歴史、彼らに手を差し伸べた人々のこと、
そして敦賀のまちの人たちが迎え入れた様子を後世に伝えます。

SCROLL
2020年11月29日は 開館日 です

ABOUT PORT OF HUMANITY
TSURUGA MUSEUM
人道の港 敦賀ムゼウムについて

ムゼウムでは、数々の困難を乗り越えて敦賀に降り立ったポーランド孤児とユダヤ難民の史実を中心に、当時の敦賀市民の証言やエピソードのほか、今も続く関係者との心温まる交流を紹介しています。

EXHIBITION GUIDE 展示案内

敦賀ムゼウムの展示エリアをご紹介いたします。

FACILITIES 周辺施設